ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp TEL:03‐6908‐5793

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

ボランティア 活用ケース


学生のボランティア活動公式着として

公益社団法人 助けあいジャパン 様

全国47都道府県の学生を東北へ連れて行く「きっかけバス47」プロジェクトの公式着としてご依頼頂きました。
Tシャツはお手持ちとのお話でしたが、冬の活動において、厚着した上に着用出来るビブスが良いとお声がけ頂きました。
団体マークとそれぞれの都道府県名をプリントしたビブスがとてもよく目立ちますね。
また、参加された学生だけではなく、今一度東日本大震災を見つめ直す、いいきっかけを頂きました。


ボランティア活動の活動着として

横浜市はちはち会 様

復興支援活動をしているボランティア団体様よりビブスのご依頼をいただきました。
やさしくクリーンなイメージの緑色のビブスに黄色の文字がしっかり映えていますね。
ボランティア活動を行うにあたり地域の皆様への所属明記は安心にも繋がると思います。


東日本大震災の復興活動

センダイ交流団 塩竈事務局 様

東日本大震災時、当社にてビブスのご提供を各地に進めておりましたところ、
各地の災害ボランティアセンター様をご紹介いただきました。
・七ヶ浜町災害ボランティアセンター様
・名取市災害対策本部 様


震災が起こった時に、復興活動をスムーズに行いたい

仙台市社会福祉協議会 様

いざ震災が起こった時に、まず必要なもの。それは食料でも水でもなく、このビブスです。
まずは誰が見てもわかるよう、リーダーを組み分けしましょう。回りから自分が誰なのかわかってもらえれば、指示も出しやすくなりますし、自分の仕事に専念することができます。
結果、限られた時間の中で多くの仕事ができるようになるのです。


大学でのボランティアスタッフ用に作成したい!

陸前高田市でのボランティア活動・学園祭スタッフ用に作成いただきました。


被災地で支援活動する際、自分たちが何の団体であるかをわかりやすくしたい!(2)

震災復興支援を行う際、自分たちが何を行っている団体なのかを周囲の方に認識いただきたいとのことで、ビブスをご検討いただきました。


ボランティア活動

ボランティア活動を行う際に、目で見ただけでどなたがボランティア員の方か識別したい


ボランティア活動中であることをわかりやすくしたい!(2)

自治会のボランティア活動時、周囲に活動中であることを認識してもらいたいとのことで、ビブスをご検討いただきました。


ボランティア活動中であることをわかりやすくしたい!(1)

ボランティア活動を行う際、自分たちが何を行っている団体なのかを周囲の方に認識いただきたいとのことで、プリントビブスをご検討いただきました。


個人の名前を自分で書き入れたい!

学生ボランティアの活動で、自分たちが何を行っている団体なのかを周囲の方に認識いただきたいとのことで、プリントビブスをご検討いただきました。


お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ