イベントスタッフであることを明確にしたい | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

イベントスタッフであることを明確にしたい

お店によっては、定期的に大々的な「イベント」が開催されています。大きなイベントであるほどに人の出入りも多く、それだけイベント関係者への用向きも多いことでしょう。忙しさに嬉しい悲鳴をあげたり満喫しているスタッフも多いでしょうが、その反面、参加者はある問題を抱えることになります。

課題

お店では様々なイベントが開催されています。その際、イベント用にスタッフが配置され、様々な仕事をこなしています。

イベントにはスタッフだけでなく、当然一般の参加者も大勢参加しています。数が多いだけ、イベントも盛り上がることでしょう。スタッフの中には、その忙しさを満喫している人もいるほどです。

しかし、忙しいのはスタッフだけではありません。イベントの内容にもよりますが、参加者がスタッフに用事のあることだってあります。しかし、イベントではその内容にもよりますが、オフィスカジュアルのような私服やスーツでの参加がほとんどです。そのままでは、スタッフか参加者かの見分けがつきません。

もう一つ問題があります。イベントでは何かしらの会場を用いることもあります。その会場には専門のスタッフがいますが、イベントにはイベントのスタッフがいます。そうなると、「一般参加者」「イベント用スタッフ」「会場のスタッフ」という、3種類の人が居ることになります。スタッフらしい動きをしていても、それがイベントのスタッフなのか会場のスタッフなのかの見分けも必要になって煩わしいです。

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントとしては、ビブスの前面と背面の両方に「イベントスタッフ」と記載しておくことです。イベント名も記載すると、より良いでしょう。こうすることで、どの向きから見ても「イベントスタッフ」の文字を確認することができます。

スタッフの区別としては「バッジ」「腕章」「従業員証」「エプロン」といったような方法もあります。しかし、それぞれ見る角度によっては視認することが難しいです。大規模なイベントにおいては、参加者がごった返しており、人一人の全身を観察することすら難しいです。そのため、上半身全面の面積を持つビブスを着用することのメリットが活かされます。

そのメリットをさらに活かすため、色は可能な限り目立つものであることが望まれます。黄色や赤といった、明るい色が望ましいです。白だとシャツのような感じがするので、明るいですが避けておいたほうがよいでしょう。

印字する文字としては、「イベントスタッフ」以外だと「スタッフ」「STAFF」のように、あまり所属名などは記載しないほうが無難です。以降も同じよな規模のイベントを開催するにあたって、流用することができるからです。特に、イベント名を記載してしまうと、毎年同名のイベントを開催しない限りはその時限りしか使えなくなってしまいます。

また、可能な限り多くの言語を用いておいたほうが無難です。イベントには内容によりけりですが数多くの人が来訪する以上、日本人以外にも参加者がいる可能性があります。日本語が読めない人でも視認できるように、可能な限り多くの外国語も含めておいた保が無難です。ただし、含めすぎて文字が小さくなってしまうと視認しにくくなるので注意が必要です。

イベントカテゴリのその他事例

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ