ホテルで有事に備えた効率的な避難活動を行いたい | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

ホテルで有事に備えた効率的な避難活動を行いたい

宿泊施設には数多くの宿泊客が訪れます。火事などの有事の際にはその避難誘導が必要になりますが、きちんと訓練できているのでしょうか?

課題

宿泊施設には、一般の施設に対して単位面積あたりに数多くの人がごった返すことになります。そして、火事などの有事の際には、その避難誘導の質が人命救助の質を左右するといっても過言ではありません。

ぶっつけ本番では話になりませんから、きちんと「避難訓練」を行わなければなりません。しかし、宿泊施設の従業員は本職の役割ごとの服装はして居れども、避難誘導時の役割ごとに服装が分かれているわけではありません。

このような状況では、役割分担や役割ごとの集合・整列などが効率よく行えるとは限りません。訓練とは言え、のんびりと行っていては、いざという時に役に立ちません。避難訓練の効率を上げるため、手軽な方法で役割を分ける方法を採用する必要があります。

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントは、ビブスの色分けと役割の印字です。色は可能な限り役割ごとに違いの分かりやすい色にしておくと便利です。役割が4種類あるのであれば、ビブスの色は「赤・青・黄色・緑」というように分けておけば、遠くからでもきちんと見分けることができます。

ここで重要なのは、ビブスの役割が「避難訓練の班分け」であることです。それに応じて、ビブスの性質も考えて作成しなければなりません。

まず、色に関しては可能な限り明るい色にしておくことです。注意すべき点は、明るい色の中でも「赤・橙」「黄色・黄緑色」といった、近似の色にはしないことです。今回の目的は「相互の区別」であるため、似ている色を選ぶと後々面倒になります。

文字の印字に関しては、「誘導班」「本部」などの役割名を印字します。各役割ごとの細かな担当名を印字するかどうかは、施設の規模や避難時の役割の決め方によって決めると良いでしょう。色と文字で役割を視認できるため、自分とは別の役割のスタッフを視認しやすくなり、スタッフ以外の人もそのスタッフがどのような役割を担っているかを確認しやすいです。

ただし、役割を印字する際には、きちんと役割を決めてからビブスを注文することにしましょう。というのも、とりあえずのレベルで役割を決めてしまうと、後になって不都合が見つかり、役割を再編成する際に不便になります。確実に現状の役割分担で運営出来るように合議した上で注文しないと、役割を再編成したり役割名を変える時になってもビブスに印字した文字を消すことはできません。

どういう役割を用意したら良いかわからない場合は、ショップへお気軽にご相談ください。
過去の作成実績から、ベストなご提案をいたします。

その他テクニックとしては、「差し込みポケット」を用いるのも一つの手です。差し込みポケットは紙を差し込むことができるため、注文後の使い回しが容易になります。また、「反射シート」は停電時や暗い場所でもお互いの場所が視認しやすくなるため実用性が増します。

ビブスを用いるメリットとしては、どんな制服であっても問題なく着用することができるという点が挙げられます。宿泊施設は、ホテルであればスーツ、旅館であれば着物や作務衣といった制服があります。ビブスはその上からでも着用することができるため、どんな制服を用いている宿泊施設でも利用することができます。

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ