キャンペーンスタッフであることを明確にしたい | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

キャンペーンスタッフであることを明確にしたい

大々的なキャンペーンを行うことで、新規の顧客を獲得しやすくなります。
しかし、工夫をしなければ顧客を呼び込むことが難しくなってしまうかもしれません。

課題

キャンペーンを行うことで、新規の顧客を呼び込むことに多大な効果を発揮します。常連客を増やすだけでなく、入会が必要な店舗や企業であれば新規会員の獲得にもつながります。既存の顧客に対しても、引き続きサービスの利用を続けてもらうことができます。

通常よりも多少なりとも利益が取れなかったとしても、新規顧客の獲得と既存客の継続利用の促進によって、総合的には大きなプラスとなることが多いです。ただし、それはあくまでもキャンペーン利用者を引き込むことができた場合に限ります。

キャンペーンの内容によっては、専用のスタッフを用意しておかなければなりません。キャンペーンの取り仕切りや入会手続きの担当者など、専用のスタッフを準備しておくことで滞りなくキャンペーンを運用することができます。しかし、通常のスタッフとの区別がつかないと、キャンペーンを利用したい顧客が誰に対して声をかければ良いか分からなくなります。専用のスペースを設ければ分かりやすいですが、会場やキャンペーン内容によってはスタッフがあちこち歩き回らなければならなくなります。

そのような状況で、キャンペーン用のスタッフと通常のスタッフとが区別できないと、恋役側もキャンペーンの利用に対して尻込みしてしまう可能性があります。機会損失を生じてしまうと、せっかくのキャンペーンが台無しになってしまいます。

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントは、通常の制服とは真逆の色のビブスを用意することです。今回の目的は「キャンペーンスタッフであることを明確にしたい」という内容です。そのため、文字での識別については少し問題点があります。

文字に関しては、「スタッフ」と記載しただけでは何のキャンペーンのスタッフか判断しかねます。「キャンペーンスタッフ」と記載しても良いですが、どこか不格好な感じもします。そこで、記載する文字は「社名」「店舗名」など、所属を明らかにするものに限定しておくのが無難です。そうすることで、様々な場面に使いまわすことができます。ただし、定期的に同名・同様の内容のキャンペーンを開催するのであれば、そのキャンペーン名とキャンペーン内容を記載することは有効であると言えます。しかしその場合、キャンペーン内容が変更されると使えなくなるという点には注意が必要です。

そこで、通常のスタッフとは扱いが異なるということを、「ビブスを着用している」という点でアピールするのです。その際、制服があるのであればその色と真逆の色を選択することで、ビブスを目立たせることができます。制服がなく、スーツの場合は明るめの色であれば目立ちます。逆に制服の色が明るい場合には、暗い色でも良いかもしれませんが、可能な限り色の異なる別の明るい色が望ましいです。ビブスを着用している従業員とそうでない従業員、そして現在はキャンペーン期間中であるということを考慮すれば、ビブス着用の従業員がキャンペーンの担当者であると推察することができます。

また、色での識別は遠方からでも視認しやすいという特徴があります。そのため、スタッフから遠い位置にいる顧客でも、ビブス着用の従業員とそうでない従業員がいることを視認しやすいです。少なくとも、ビブスを着用している従業員の方が、「なにか特別な仕事を任されている」と考えやすいです。キャンペーンを利用したい顧客は、その従業員までまっすぐ歩いていくことでしょう。それによって、顧客に煩わしさを感じさせることなく、キャンペーンを利用してもらいやすくなります。

サービス業カテゴリのその他事例

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ