自社の作業員であることをわかりやすくしたい。 | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

自社の作業員であることをわかりやすくしたい。

あなたの現場で困っていることはありませんか?その中でもこのビブスを着ることで解決できる問題があるのではないでしょうか。

課題

こんな問題はありませんか?現場には色々な会社の人が入り混じり、自社の社員を一目で見分けられない。

ということは、ご来訪された方も誰がどの会社の社員かわからない。あるいは、誰がどの会社かわからないということは、変装しさえすれば、誰でも中に入ってしまうことができるということです。セキュリティーに関してもとても大きな問題となってしまうのではないでしょうか?

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントはやっぱり誰がみてもわかるように、社名を背中に大きく入れることです。これによって、誰にもまねして作ることができない唯一無二のものとなるのです。そして、何色か作ります。また、現場で作業をともにする人々も各々の会社名を入れ、何色か持ち合わせれば、洗い替えもできます。そして、色分けによって、遠くからも分別を付けることができます。

また、仲間同士のコミュニケーションも円滑になります。今までならば、この人自分の会社の人かな?違うかな?と迷ったりして、話しかけることを躊躇してしまっていた人もいると思います。しかし、ビブスを付ければ、誰がどの会社の人かがしっかりわかるので、早めの報告・連絡・相談を躊躇なくできるようになります。結果的にそれは、作業効率を上げていくきっかけとなったりするのです。

さらにこんなメリットもあります。
現場の入り口などのコミュニケーションボードに“今日のビブスの色 ○○建設→赤”のように書いておけば、来訪者の方も一目で誰がどの会社の人か一目でわかるようになり、あっちこっち探し回ることをしなくても済むようになります。そうすれば、不審者が入ってきたときには、明らかに怪しい・・・ということがすぐわかるようになります。つまり、セキュリティーの問題も改善されるということです。

もちろん、作業効率の改善などは、ビブスだけで解決できるような問題ではありません。しかしながら、ビブスを着用することによって、大きく作業効率があがるということもまた事実です。だからこそ、この機会にビブスを導入して、作業効率改善の意識を芽生えさせてみてはいかがでしょうか。また、ビブスの文字を標語などにすることによって、作業員同士の意識向上にも役に立つのではないでしょうか。

建設カテゴリのその他事例

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ