住宅販売スタッフであることを明確にしたい | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

住宅販売スタッフであることを明確にしたい

見た目から所属を判断することは、場合によって難易度が異なります。汎用的な衣服では、所属を明らかにすることは難しいです。では、スーツならどうでしょうか?

課題

分譲住宅の販売においては、モデルハウスの展示会などを行います。不特定多数の顧客が会場に訪れえ、それに対応するために不動産会社の人も何人か会場にいます。彼らは、基本的にはスーツを着込んでいるでしょう。

さて、展示会にいるのは、不動産会社の従業員と少ない顧客だけでしょうか?数多くの顧客が来場するでしょうし、関連事業の担当者が仕事目的で来場している可能性だってあります。さて、一般顧客でもスーツを着ていることは珍しくありませんし、仕事目的で来場している人はほぼ100%スーツを着ています。

そうなると、服装から不動産会社の担当者を判断することはできなくなってしまいます。おそらく、彼らはスタッフであることを証明するバッジや腕章、社員証を首から下げるといった措置をしていることでしょう。しかし、反対側から見るとそれらを視認することはできません。

このような状況下において、不動産会社のスタッフを探すのには苦労します。一人一人確認していては手間になりますし、間違えてしまうと気恥ずかしさもあります。こういったストレスを解消するためには、もっと確認しやすい方法が必要になります。

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントは、やはり遠くからでも視認できるように目立つ文字と色のビブスを用意することです。

まず、ビブスの文字に関しては「社名」と「スタッフ」という文字が入っていれば問題ないでしょう。最低限、スタッフという文字が入っていれば、着用している人が担当者であるという印象を与えることができます。その際の注意点としては、全面だけでなく、背面にも印字をしておくことです。こうすることで、来場客に背を向けている状態でも、スタッフの文字を視認することができます。

次に色に関してですが、スーツの色とは反対色を用いることで効果を上げることができます。例えば、黒いスーツに対して白や黄色のビブスを着用していれば、遠くからでも視認することができます。スーツの上からビブスを着用しているというだけで、現場関係者であるという印象を与えるのには十分です。その際、スーツの色に対して保護色になるような色だと、遠くからではぼブスを視認することが難しくなってしまいます。スーツの色は「黒」「紺」「茶」といった色が主流なので、明るい色を採用すればおおよそどのようなスーツでも反対色に近い色となり、目立ちます。

目立つということは、広い会場であるほどに効果的となります。広い会場で遠くからでもスタッフであることをアピールすることができれば、スタッフに用事のある来場客は一直線にスタッフの元に歩いていけます。探す手間も、余計な移動も必要なく、来場客はストレスを感じることなくスタッフを探すことができます。

不動産カテゴリのその他事例

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ