職業体験中であることを明確にしたい | ビブス活用ケース

 - ビブス専門店ビブス.jp

 TEL:03‐6908‐5793 Mail:

10,500円以上のお買い上げで送料無料
5,000団体以上の取引実績、カスタムビブスのトップ企業 ビブス.jp
ご注文・ご検討・お問い合わせ

ビブス活用ケース

Case With Bibs

職業体験中であることを明確にしたい

若い世代に仕事のなんたるかを経験してもらえる「職場体験」は、学ぶ側にも受け入れる側にも数多くのメリットがあります。しかし、受け入れる側には様々な準備が必要です。

課題

小学生や中学生、高校生などで社会学習の一環として行われる「職場体験」は、普段は目にしたり経験することのできない仕事をしている立場の人の行動を経験できる良い機会です。学ぶ側は、普段は知識でしか知りえないような、実際の「仕事」「労働」というものを理解する良い機会となります。

また、受け入れる側も、若い世代に自分たちの仕事内容について理解を深めてもらえる機会となります。企業や店舗のイメージアップにも利用できます。従業員の中には、これが楽しみだという人も少なくありません。

しかし、外部から未成年を受け入れることは、セキュリティ上の問題も多いです。職場によっては私服で行動するようなところもあり、部外者との区別がつきにくいです。そこまで中枢部分を触らせるようなこともないでしょうが、やはり企業内、店舗内に部外者が侵入しているかもしれないという状況は、従業員や警備員の無用な心配を招いてしまいます。

●作成のポイントと導入結果

作成のポイントとしては、まず子供用のサイズをきちんと用意しておくことです。ビブスを取り扱う業者にもよりますが、大人用と子供用で、それぞれ2サイズほどは用意されていることが多いです。大人である従業員が用いるのであれば大人用だけ用意しておけば問題ありません。しかし、小学生でも職場体験を行うところはあります。小学生に大人用のビブスを用意しても、ブカブカであることは間違いありません。

印字する文字に関しては、まず「企業名」や「店舗名」など、体験先の団体が分かるものを印字しておきましょう。「職場体験中」という文字があればなお良いでしょうが、子供サイズには印字し、大人サイズには印字しないほうが無難です。これは、それぞれのビブスを着用できる人物の差によります。子供用のサイズは大人は着られません。そうなると、小学生や中学生しか着ないことになり、職場体験でしか用いません。そうなると、職場体験専用のビブスになるため、それを明らかにする意味でも「職場体験中」という文字を印字しておくのが良いでしょう。

高校生には、子供用サイズでは小さく、大人用のサイズを用いることが多いです。その場合、「職場体験中」という文字を印字しないほうがメリットがあります。印字しないことで、普通の従業員でも着用することができます。何かのセールの際に用いたり、複数の企業が参加する何かしらのイベントにも用いることができます。職場体験中であることを明言できなくなりますが、それに関してデメリットは存在しません。従業員や警備員は、「ビブスを着用している子供は職場体験中」という情報を共有しておけば、セキュリティ上の問題はありません。

色は、遠くからでも目立つ色が好ましいです。ある小学校では、遠足用にビブスを購入しているようです。これは、遠くからでも生徒が視認しやすく、移動中に迷子になる生徒を生じさせないためだそうです。職場体験においても、そうした配慮が必要になる場面もあることでしょう。遠くからでも視認しやすいように、明るい色であることがメリットが大きいです。

工場カテゴリのその他事例

<活用事例一覧に戻る>

この活用例が少しでも気になった方、「ご自分の活動にどう活かせるか」お気軽にご相談ください!

ご注文/お見積もりのご依頼

ビブスデザインシミュレーター ビブスご注文フォーム まだ内容が固まっていない方

ビブス全般のご相談/ご検討

ビブス全般のお問い合わせ サンプル貸し出しのお申込み
お見積もり/ご注文フォーム
デザインをカスタマイズ
追加のご注文
サンプルを借りる
お問い合わせ